guided reading 山下先生

 4月4日に行われた、Yamatalk さん主催、Jolly Phonicsの第一人者、山下佳代子先生によるGuided reading についてのセミナーについてメモに残しておきます。

実は、私、山下先生のブログに最初にたどり着いたのは、このguided reading についての記事だったのでした。それからJolly phonicsにはまったのですが、もともとguided reading って何ぞや?ということがきっかけだったことを思うと、このセミナーでようやく納得する答が見つかったような気持ちです。

(もちろん、さわりだけなのでしょうが、どういうものかの一端がよくわかりました)guided reading とは教師と少人数グループの子供たちが本を一緒に読む中で、読解力と読みの流暢さを高める、というもの。

 驚いたのが、イギリスではかなり詳細に、綿密にレベルや目標が設定されているということ!これだけ規定があれば、どの先生が担当しても、ぶれずに一貫した指導ができそうです。素人でもこの指針を利用しない手はないな、と。

実際の指導しているところの映像を見せていただきました。先生がすべての発言を肯定するところ、ほめ言葉がいっぱい。素晴らしいです。

 本を読めること、推測すること、内容を理解すること。こういうことって、本人が勝手にやるものかと思っていましたが、先生のサポートによって誰でもできるようになるのですね。

日本語の本でもここまできちんと読み方の勉強をしたことはないので、まずは日本語でやってみよう、と誓ったのでした^^。